ネコのしっぽは、一般的には18個の尾椎と言うしっぽを支える骨と、しっぽを前後左右に動かす4つの筋肉、そして細かな動きをつかさどる8つの筋肉から構成されます。

しかし、長い尾をもつ種から全くしっぽの無い種まで様々で一概には言えないそうです。

ネコのしっぽは、脊髄と直結しているため、非常に痛覚が強いようです。

切断されると四肢を切断されるよりも痛がるほどだそうです。

ですから、しっぽを持って引っ張ったりすると温厚な性格のネコでもでも抵抗します。

またネコのしっぽを強引に引っ張ると内臓に障害をおこしたり脊髄に損傷をおこし、下肢(後ろ足等)に障害が発生することもあるそうなんです。

正直、ここまで感覚が鋭いとは思っていませんでした。

確かにしっぽはネコの弱点なんだろうとわかっていて、ふざけて引っ張ったり触っていたことを反省しています。

それに、行く手を遮るのについしっぽを掴んでしまっていたことを・・・ごめんなさい!!

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする

アーカイブ

楽天市場

amazon

スポンサードリンク