フランチャイズで失敗する理由とその解決策

フランチャイズの意味

フランチャイズという仕組みを上手く活用することができれば、自分にない能力を補完することができます。

ただ、その仕組みをよく理解せずに契約してしますと、期待していた成果を得られません。その結果、フランチャイズ契約が失敗だったということになってしまいます。

ここではフランチャイズの仕組みや利点・欠点を整理し、加入者が失敗しないように解決策を提案します。

 

フランチャイズとは

一方が自己の商号・商標などを使用する権利、自己の開発した商品(サービスを含む)を提供する権利、営業上のノウハウなど(これらを総称してフランチャイズパッケージと呼ぶ)を提供し、これにより自己と同一のイメージ(ブランド)で営業を行わせ、他方が、これに対して対価(ロイヤルティー)を支払う約束によって成り立つ事業契約である。

網掛け部はwikipediaより引用

以上はフランチャイズのいわゆる定義ですが、ここではフランチャイズの利点や価値について考えてみました。

突然ですが、事業者がやるべき仕事は、大きく二つに分けられると言われています。

  1. ビジネスモデルを計画し、作り出す。
  2. ビジネスモデルを使って、運営する。

通常は、この両方の仕事を一つの事業者が行うことになりますが、このうち、主に前者の仕事を代行してくれるサービスがフランチャイズとも言えます。

ビジネスモデルの提供以外にも、税務や法務など経営上の指導を受けることもできます。簡単に言うと、サポート付きの経営スターターキットのようなイメージでしょうか。本来は事業者自身が用意しなくてはいけないビジネスのモデルを、FC本部がパッケージングして、販売する訳です。

ただし、基本的にはビジネスモデルに従う必要があるので、何もかもが自由という訳にはいかないようです。

メリット・デメリット

メリット

フランチャイジーにとっては、開業から実務にいたるビジネスのノウハウを比較的短期間かつ容易に身につけられ、フランチャイザーのブランド力、マーケティング力によって、初期段階から安定した経営が期待できるという利点がある。

ビジネスモデルを計画構築することと、ビジネスモデルを用いて運営することは、仕事の内容も求められる能力も異なります。

ビジネスモデルを構築するには、例えば想像力や、想像を具現化する能力が中心になるとします。それに対して運営は、適応能力や組織のマネジメント能力が不可欠です。

通常の事業活動なら、ビジネスモデルを構築・改善しつつ運営を行うことになりますが、フランチャイズであれば圧倒的に運営に注力できることが最大のメリットだと思います。

デメリット

本部によるマーケティング、立地条件、本部の経営に問題があっても、そのリスクは全てフランチャイジー側が負うことになる。契約内容にも拠るが、原則として赤字状態であってもロイヤルティーは払い続けなければいけない。また、フランチャイズという形態を採る以上、流通や事業展開において少なからず制約があるため、オーナーのオリジナリティを発揮することは難しい。開業に必要な資金も、加盟料などの分、独自に起業する場合よりも多く必要になる場合がほとんどである。

FC本部からビジネスモデルを調達する訳ですから、それが理想通りに機能しなくても、責任をとるのは加盟者です。

自分自身でビジネスモデルを構築しなくともよいぶん、加盟者にはフランチャイズチェーンの目利き(調達能力)が大変重要になります。

比較的自由が許されるフランチャイズ契約もありますが、基本的には事業上の制約を受けることになります。

問題点

情報の格差による問題

通常、フランチャイザーは事業について専門的な知識を有しているのに対して、フランチャイジーが事業に関する十分な知識を有していることは少ない。このことから、通常の消費者契約と同種の問題を生じることがある。十分な説明を受けないまま、フランチャイザーの言うがままにフランチャイジーとなってしまうことがあるのである。

安易なフランチャイズ展開

店舗経営やフランチャイズ展開について充分なノウハウを持たないにもかかわらず、フランチャイジーを募集し、加盟金を支払わせるフランチャイザーの存在が問題となっている。その中には、成功の見込みがほとんどないことを認識していながら、積極的にフランチャイジーを募集する詐欺紛いのフランチャイザーもあったことが裁判で明らかになった。

問題点として共通することも、やはり加盟者の情報不足や認識、判断の誤りからくるフランチャイザーの見極めに関係しているようです。

解決策

加盟者がフランチャイズ関連の問題を回避するためには、契約前の準備が重要です。具体的には以下のようなことが挙げられます。

  • フランチャイズそのものに関する理解
  • フランチャイズチェーン情報
  • 適したフランチャイザーの見極め方
  • FC本部との付き合い方

まずフランチャイズを理解するためには、第三者的な意見を確認するため、公的機関や情報サイトからの情報を集めたり、相談をしてみてどれだけ正しく認識できているかチェックしてもらうと良いと思います。

本格的なFC事業者の選定段階に入れば、できる限り多くのフランチャイズチェーンの情報を集め、比較してみて「見る目」を養うことも大切です。

なおかつ、専門のコンサルタントに相談して、「見る目」に狂いがないかチェックしてもらうことで、随分とリスクが軽減できるのではないでしょうか。

フランチャイズ比較サイトの一覧をまとめていますので、各サイトで情報を集めてみてはいかがでしょうか

参考ページ:フランチャイズ比較サイト一覧と活用法

関連記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:フランチャイズ比較

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ