飲食店開業に必要なスキルの習得

規模や業態を考えると一概に言えることではないですが、一般的に飲食店開業・運営の知識、スキルが全く無いままでの開業は現実的に不可能かとてつもない困難を伴ういわれています。

ただでさえ開業後の1年で多くのお店が消えていく業界なので、万全の備えをもって挑むたいものです。

ただし、最近ではスキルの習得にも様々な方法があります。以下はその代表的な例です。

スキルの習得、代替手段

  1. 一定の期間飲食店で経験を積み、自分自身でスキルを身につける
  2. フランチャイズへの加盟により、本部から開業・運営に関する指導・サポートを受ける
  3. 飲食業経験者の協力を得る。共同で経営する、もしくは雇い入れを行う。
  4. 飲食店の開業、運営を専門とするコンサルティングを受ける。
  5. 飲食店の開業方法を伝授するセミナーや教室に通いスキルを身につける。
  6. 店舗物件サービス、開業サポートを兼ねる共同テナント事業などのサービスを利用する。

自分自身が単独で開業、運営スキルを習得する以外にも外部の人材、技術、情報などの協力を得るという方法もありますが、いずれかの手段を選択、もしくは組み合わせるにしても開業者自身が規模や業態に応じた一定の知識、スキルを身につけておくに越したことはありません。

例えば、飲食店経験者(調理スタッフ)を雇う場合、自分自身がホールの運営技術を習得していれば役割を分担し負担を軽減することが可能です。
逆に調理の経験を積まれた方が開業するのであれば店舗運営の面で協力者を探す必要があります。

関連記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:開業に向けての準備

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ