副業として飲食店で起業する

「起業したい」と願う人は多くても、その置かれた境遇は様々です。既に結婚して家庭をお持ちの方や扶養家族がいる方、ローンの返済などで定期的な収入が断たれると生活が成り立たなくなるという方もいらっしゃるでしょう。飲食店開業の夢はあっても、人によっては独立開業のリスクが高すぎると感じる事があります。

たしかに、飲食業の廃業率は決して低くないし、この不景気の世の中ですが悪い面だけではありません。飲食業の支援、サポートも多くなりつつあり、他力をうまく活用する事で開業のリスクを軽減する事も可能になりました。

副業として飲食店の経営をするとなると、完全に独立して経営するのに比べ様々な制約条件があります。そのため、副業としての飲食店経営と完全に独立しての飲食店経営のスタイル、取り組み方には違いが出てくるのです。例えば・・・

副業として飲食店を始める場合の制約

  1. 時間的な制約
    一般的なサラリーマンであれば、平日の昼間はお店に出ることができません。そのため、共に経営を切り盛りするパートナーの存在や、スタッフの採用、教育などによって協力者をどれだけ活用できるかが大切なポイントにもなります。
  2. 飲食業のノウハウ
    飲食業界に勤めていない限り、飲食店の経営に関しては全くのシロウトという方もいらっしゃるでしょう。この業界のスキルを補うにはフランチャイズやコンサルタントを活用するのも1つの手段です。副業でフランチャイズへの加盟が可能なのか疑問に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、認めているフランチャイズチェーンも存在します。外部サービスの利用には費用が掛かりますが、情報を集め入念に検討すれば、欠かすことのできない要素の1つに成り得ます。

副業として飲食店を始めるメリット

又、副業としての開業には何もデメリットばかりではありません。サラリーマンならではのメリットもあるのです。

  1. 社会的信用
    開業資金の調達時や設備のローン契約など、サラリーマンとしての信用力無しには用意に契約ができない場面もあるのです。
  2. 本業のスキルを活用
    組織人としての立ち回りや協調性、財務諸表の読み書き、教育に関する知識など飲食業の経営にも応用できるスキルは多くあります。
    以上は副業ならでは要点のほんの一部に過ぎません。本格的に開業を検討するのであれば、できる限り自分の状況に適した知識・ノウハウを仕入れる事をお奨めします。

実際に副業として飲食店を起業される方はフランチャイズを利用されるケースも多いようです。フランチャイズに関する特集も参考にしてみて下さい。

参考ページ:フランチャイズ比較

関連記事

    このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

    カテゴリー:起業方法

    トラックバック&コメント

    この投稿のトラックバックURL:

    コメントをどうぞ

    このページの先頭へ