オシアナス<マンタ>の魅力

オシアナスは販売当初、ヨーロッパ市場向けに生産されていました。ヨーロッパで高い評価を受け、そのために日本での販売に発展したのです。

腕時計のイメージはメンテナンスが必要で、電池交換にもお金がかかるし、重いといった印象もありますが、フルメタル電波ソーラークロノグラフという分野の草分けであるオシアナスは見事にこの問題を解決しています。

まず、メンテナンス性

カシオの持つ時計技術の集大成ともいえる機能、構造が贅沢に使われています。タフムーブメント、ハイブリッドマウント構造の採用がその代表格です。これにより時計としての耐久性、駆動の安定性が確保されメンテナンスの面倒くささから開放されます。

次に、電池交換の問題

オシアナスは電波ソーラーの中でもタフソーラーと呼ばれるカシオ独自の強力な充電システムを採用しており、蛍光灯の明かりもしっかり動力に変換できます。しかもマンタの現行モデルでは、フル充電時に最高で約23ヶ月間もの駆動を実現しています。

そして、重さ

これも現行のマンタで90gの軽量かつわずか10.9のボディ厚でフィット感とデザイン性をバランスよく両立させています。

この他にもオシアナスには沢山の機能が盛り込まれており、その機能を直感的に操作できる工夫が採用されているのも嬉しい点です。

様々なショップで販売されていますが、間違いなく全ての時計の中で満足度が上位にくるオシアナス。その中でも特にマンタの魅力は著しいものがあります。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

イメージ画像